HOME学生に方へ初期研修医の方へ医師の方へ教室実績スタッフ紹介
ORTHOPEDIC_SURGERY_整形外科
スポーツ・外傷整形外科学教室
スポーツ・外傷整形外科学教室
HOME >> スポーツ・外傷整形外科学教室
migashi
スポーツ・外傷整形外科学では...
midashi
整形外科では運動を司る器官を構成する関節(骨・軟骨・半月)や組織(筋肉・靭帯・神経)の損傷から発生する疾病や外傷を治療対象としています。
つまり、その対象は脊椎(脊柱)・脊髄、骨盤、上肢(肩、肘、手、手指)、下肢(股、膝、足、足指)などで、痛み、しびれ、そして運動機能障害になります。

疾病や疼痛のために就労、就学そしてスポーツ活動が妨げられている人の「早期の社会復帰」、「クオリティ・オブ・ライフ(QOL:生活の質)の改善」ができるように安心で安全な医療を提供します。

スポーツ・外傷整形外科学では、主としてスポーツ・関節疾患および外傷疾患を、アカデミックにまた、エビデンス(科学的証拠)に基づき、薬物療法、運動療法、手術療法などを選択することにより、最良の治療方法を提案しています。
migashi
取り扱っている主なスポーツ疾患・外傷疾患
midashi
内視鏡手術

膝靭帯断裂、膝半月板断裂、足関節靭帯断裂、変形性膝関節症、変形性股関節症、 野球肩、肘離断性骨軟骨炎、肩腱板断裂、アキレス腱断裂、疲労骨折、肩関節脱臼、大腿骨頸部・転子部骨折、 鎖骨骨折、足関節周辺骨折、橈骨遠位端骨折、上腕骨骨折、膝関節周辺骨折、 大腱部骨幹部骨折、脛骨骨幹部骨折、手舟状骨骨折手指骨折、外反母趾など。
migashi
専門医によるアカデミックな治療提案
midashi
スポーツ・関節外科
    スポーツ障害の患者さんをすこしでも早くスポーツの現場に復帰させることを目的にした整形外科的診断・治療・リハビリまでを一貫しておこなっています。
    スポーツ傷害は疼痛がある部分だけの問題ではなく、身体全体のバランスの不均衡からも生じます。
    時には関節鏡を用いた低侵襲手術が必要となりますが、早期復帰に向けたスポーツリハビリテーションも重要で、リハビリスタッフと密に連携し治療にあたっております。

    現在、県内外のプロフェッショナルなトップアスリートから健康スポーツに参加している方の診療や障害予防に携わっております。
    サッカー、野球、テニス、ゴルフなどの各スポーツ傷害、肩、肘、股、膝、足関節などにあいして関節鏡手術を行っております。
    また手術治療だけでなく、スポーツ傷害の予防について積極的に啓蒙しております。

外傷・手の外科
    最近では労働災害や交通災害は以前より減少していますが、高齢化社会の到来とともに、お年寄りの転倒事故による外傷が増加しています。
    新しい骨折固定材料の開発・発展により、低侵襲での治療が可能となりました。
    その結果、より早期にリハビリを開始し、早期退院、早期社会復帰できるようになってきました。

    一般外傷分野にもエビデンス(科学的証拠)に基づく治療を徹底し、初期対応から運動機能の再建まで総合的に考えています。
    また治療やリハビリが難しいことが多い「手の外傷」もリハビリテーションチームと連携し、積極的に対応しています。
migashi
先端医療の基礎研究について
midashi
「スポーツ外傷に対する低侵襲手術と早期完全復帰」と「機能再建を重視した外傷治療とその臨床的評価」を研究項目としています。

分子生物学的なアプローチ、生体材料、コンピューターシミュレーションを用いた関節バイオメカニクスなどの手法を用いて、運動器(骨・関節・筋肉・靭帯)構成体の解剖学的修復と再生を探求したいと考えております。

平成22年からは地元の人工関節メーカーであるナカシメディカルとの共同研究により、関節寿命が長く高機能である新しい人工材料および人工関節の開発やコンピューター支援手術ロボットの開発にも参加しております。

阿部教授の手術・院内風景

スポーツ・外傷整形外科学は主として川崎医科大学総合医療センター(岡山市北区中山下)にて診療・研究・教育を行っています。

川崎医科大学総合医療センター 整形外科
migashi
スポーツ・外傷整形外科学教授 阿部 信寛
midashi
阿部教授ポートレート 阿部 信寛 ( Nobuhiro Abe )

・川崎医科大学
   スポーツ・外傷整形外科学教授
・川崎医科大学総合医療センター
   整形外科部長

【 専門分野 】
スポーツ外傷(肩・肘・膝・足関節の関節鏡視下低侵襲手術)、関節外科

【 認定医・専門医・指導医 】
医学博士、日本整形外科学会専門医、日本整形外科学会スポーツ医、日本整形外科学会リウマチ医、日本整形外科学会脊椎脊髄病医、日本整形外科学会運動器リハビリテーション医、日本体育協会公認スポーツドクター、日本医師会認定健康スポーツ医、日本リウマチ学会リウマチ専門医、日本リウマチ財団リウマチ登録医、臨床修練指導医

【 所属学会 】
日本整形外科学会、日本人工関節学会、JOSKAS(日本関節鏡・膝・スポーツ整形外科学会)、日本リウマチ学会、日本臨床スポーツ学会、日本整形外科スポーツ医学会、中部整形外科災害外科学会、日本臨床バイオメカニクス学会、関西関節鏡・膝研究会、スポーツ傷害フォーラム、岡山内視鏡・関節鏡研究会、ISAKOS(International Society of Arthoroscopy, Knee Surgery and Orthopaedic Sports Medicine)、AAOS (American Academy of Orthopaedic Surgeons)、ERASS (European Rhuematoid Arthritis Surgical Society)

【 略歴 】
1990年3月 岡山大学医学部医学科 卒業
1990年4月 岡山大学大学院医学研究科外科系 整形外科 入学
1994年3月 岡山大学大学院医学研究科外科系 整形外科 修了
1994年4月 赤磐郡医師会病院 整形外科
1995年1月 大阪労災病院 スポーツ整形外科
1996年1月 市立岡山市民病院 整形外科
1996年4月 岡山大学医学部附属病院 整形外科 医員
1996年5月 岡山大学医学部附属病院 整形外科 助手
1998年1月 日本鋼管福山病院 整形外科
1999年9月 米国カリフォルニア州立大学ロサンゼルス校(UCLA)
整形外科 Research Fellow
2001年6月 同大学 Clinical Fellow
2002年3月 日本鋼管福山病院 整形外科 関節外科部長
2002年11月 岡山大学医学部・歯学部附属病院 助手(助教)(整形外科)
2004年6月 ヨーロッパ・リウマチ関節外科学会(ERASS)
Exchange Fellow
2009年5月 岡山大学病院 整形外科 講師
2010年9月 岡山大学大学院医歯薬学総合研究科
運動器知能化システム開発講座 准教授
2012年10月 川崎医科大学 整形外科(スポーツ・外傷整形外科)教授
   
migashi
最近の主要研究業績
midashi
  1. 横山裕介,阿部信寛,古松毅之,井谷智, 雑賀建多, 高田直樹,尾崎敏文.脛骨顆間隆起骨折に対する関節鏡視下骨接合術. -Zhao変法によるプルアウト法の2症例.日本整形外科スポーツ医学会雑誌. 31巻,2号,137-141,2011.
  2. 高田直樹, 古松毅之,宮澤慎一, 横山裕介,岡田幸正, 尾崎敏文, 阿部信寛.膝外側円板状半月板損傷に対する治療法についてー亜全摘群と縫合術併用群の比較ー.中四整会誌,23巻,2号,261-265,2011.
  3. 岡田幸正, 古松毅之,井谷智, 雑賀建多, 高田直樹 ,横山裕介,尾崎敏文, 阿部信寛.人工膝関節全置換術術後早期投与におけるフォンダパリヌクスとエノキサパリンの比較検討. 中四整会誌,23巻,2号,399-403,2011.
  4. Furumatsu T, Kanazawa T, Yokoyama Y, Abe N, Ozaki T. Innermeniscus cells maitain higher chondrogenic phenotype compared with outer meniscus cells. Connect Tissue Res. 52(6):459-465. 2011.
  5. Takata N, Furumatsu T. Abe N. Naruse T. Ozaki T. Comparison between loose fragment chondrocytes and condyle fibrochondrocytes in cellular proliferation and redifferentiation. J Orhop Sci.16(5). 589-597. 2011.
  6. 阿部信寛,島村安則,迫間巧将,伊達宏和,古松毅之,尾崎敏文,小瀬靖郎,加藤久佳.腱板断裂を伴う反復性肩関節脱臼に対する鏡視下腱板+Bankart同時修復術.中四整会誌,22巻,1号,7-11,2010.
  7. 横山裕介,阿部信寛,古松毅之,高田直樹,尾崎敏文.深屈曲可能なPFC sigma RP-Fの術後成績.中四整会誌,22巻,1号,113-117,2010.
  8. Date H, Furumatsu T, Sakoma Y, Yoshida A, Hayashi Y, Abe N, Ozaki T. GDF-5/7 and bFGF activate integrin alpha2-mediated cellular migration in rabbit ligament fibroblasts. J Orthop Res. 28(2):225-231. 2010.
  9. Saiga K, Furumatsu T, Yoshida A, Masuda S, Takihira S, Abe N, Ozaki T. Combined use of bFGF and GDF-5 enhances the healing of medial collateral ligament injury. Biochem Biophys Res Commun. 402(2):329-334. 2010.
  10. 阿部信寛.TKAにおける膝蓋大腿関節の処置―膝蓋骨の処置― OS NOW Instruction 人工膝関節置換術 適切なアライメントとバランスの獲得をめざして 岩本幸英 編. 149-156,株式会社メジカルビュー社,東京,2008.
copyrights