HOME学生の方へ初期研修医の方へ医師の方へ教室実績スタッフ紹介
ORTHOPEDIC_SURGERY_整形外科
学生の方へ
学生の方へ
HOME >> 学生の方へ
migashi
整形外科医を目指す学生の方へ
midashi
学内や学外から初期臨床研修を募集しています。

今後の高齢化社会を考えると整形外科医の必要性は高まるばかりです。
高齢化社会では外傷・変性疾患の急増が予想されますが、高齢者の手術に対しては既往歴や持病の多さ、全身状態の予備能力の低さから慎重な術前計画、術後管理が必要です。

当教室では内科・外科・麻酔科・救急部の協力の下、治療を行っています。
他の病院で手術が困難と判断された患者さんに対しても全身状態を整え、出来る限り病態に対して理想的な治療(手術)を行えるよう、努力しています。

もちろん、労働災害や交通外傷も救急部と連携し適宜、対応しています。
重度外傷の患者さんに対して救急の先生方と初期治療から連携することにより、治療の優先順位の決定や治療方針について意見交換が可能です。

経験して得るもの

整形外科医を目指す人のみならず、医師として「経験する」は教科書や講義では得られない知識です。
「教科書で読んだことがある」よりは「見たことある」、「見たことある」よりは「やったことがある」が自分の経験となり、目の前の患者さんにその経験が還元されていきます。
当教室では幅広い外傷の初期治療や高齢者の変性疾患に対する治療方法を学ぶことが可能です。
特に脊椎疾患、関節疾患、多発外傷に対しては色々な経験が出来ると考えます。

整形外科医を目指すなら是非、当院で初期研修を考えてみて下さい。

川崎医科大学附属病院 研修医募集
migashi
初期臨床研修プログラム
midashi

良医を構成する要件

  1. 臨床医としての基本(臨床技能、医学判断学、面接法、医療記録、EBM実践等)がしっかりと身に付いている。
  2. 疾患の病態生理を深く理解しており、臨床分野の新展開に対応できる。
  3. 生涯にわたり学習を継続する意欲を有し、医学・医療分野の情報収集法や適切な判断等の学習方法が身に付いている。
  4. 病むことの意味を理解し、病者に対して高い共感を示し、良好な医師−患者関係を築くことができる。

migashi
初期臨床研修の特徴
midashi
海外研修

当院では初期臨床研修の一環として、当院が提携する海外の大学、病院での短期間(概ね4週間程度)研修を実施しています。

研修医2年目の医師を対象に、海外の先進的な研修制度あるいは医療事情を体感し、国際感覚を養い、幅広い視野と高い理想や向上心をもって後期研修へのステップとしていただくことを目的としています。

現在、提携研修先は以下のとおりです。

  • Rush University Medical Center (アメリカ シカゴ)
  • University Medical Center Freiburg (ドイツ フライブルグ)
  • University of Munich (ドイツ ミュンヘン)
  • University of Toronto (カナダ トロント)
整形外科ではRush University Medical Centerのホスト、Howard An 教授と長谷川徹先生の親交が厚く、多くの研修医の方に海外研修を勧めています。
詳しい内容は下記ページをご覧下さい。

川崎医科大学附属病院 「卒後臨床研修の特色と研修プログラム」 海外研修
migashi
卒業臨床研修プログラム
midashi
卒後研修プログラムはどのプログラムを研修しても、整形外科で研修が可能ですが、将来整形外科医を目指すならば、自由選択プログラムをお勧めします。
自由選択プログラムでは、研修医に必要な診療科を効率よく研修することができます。

2年目には自由選択 期間が8ヶ月ありますから、将来の進路をすでに決めている研修医はひとつの診療科を集中的に、広い範囲の勉強をしたい研修医は自分の将来の医師像を考えて 希望の診療科を自由に研修することができます。

2ヵ月以上の整形外科研修を選択された場合、骨・関節と災害・脊椎を1ヵ月ずつ研修してもらいます。
カンファレンスや回診などは常に合同で行いますが、受け持つ症例が異なります。
migashi
見学のお申し込み
midashi
当教室では随時、見学を受け付けております。
見学を希望の際は、氏名、大学名、希望期間を記入の上、下記アドレスにメールをお願いします。

E-mail : seikei◎med.kawasaki-m.ac.jp
※スパムメール対策としてメールアドレスの「@」を全角の「◎」に変えていますので、メールを送信する前には必ず「◎」を半角の「@」に戻してください。

メールフォームを利用してお問い合わせいただく場合は、別ウィンドウで開く "お問い合わせフォーム" へご記入の上送信ください。

お問い合わせフォームはこちらから >>
copyrights