子ども達の笑顔の為に私たちと一緒に働きませんか

  • 学生の方へ
  • 初期研修中の方へ

私たちの3つのポイント

1.豊富な症例数
 当病院は大学病院でありながら1次救急から3次救急まで対応します。
  2013年度は入院件数755件、外来件数(救急外来除く)20022件、救急外来件数6043件であり、common diseaseから、まれな疾患、重症疾患まで幅広く学ぶことができます。

2.女性医師サポート体制
 当医局は働く女性医師を全力でサポートいたします。 妊娠判明後は基本的に当直業務につくことはありません。母体を第一に考え、負荷のかかる業務は最小限に抑えます。体調が悪い時には休んでも支障が出ないシステムを組んでいますので安心です。産前休暇は出産予定日前の6週間、産後休暇は出産後の8週間となっています。
 無事出産を終え、子育ての際もまかせてください。当院は院内保育病児保育を完備しております。就業時間は8時半~17時、外来業務、学生教育、研究などから個々の希望に合わせてフレキシブルに対応いたします。子育てをしながら、しっかりとスキルアップ、キャリアアップが可能です。
 もちろんイクメンも全力でサポートいたします。入学式、卒業式、運動会、子どもにとってパパが必要とされる場面はたくさんあります。多くの子どもを元気にする小児科医でも、たった一人の我が子を大事にできないようでは小児科医として失格であると考えます。子どもと一緒に掛け替えのない思い出を作ってください。 また、基本的に夜間の当直明けは午後から帰宅可能ですので、休んだり自分の時間を持ったりすることが可能です。

3.トロント小児病院への短期留学が可能
 初期研修2年目に1ヵ月間海外研修が可能です。研修先はカナダにあるトロント小児病院です。そこで最先端の医療現場を体験することができます。毎年希望した先生方が研修に行き、多くのことを学ばれて来られます。後期研修でも可能ですので、将来留学を考えられている先生はぜひ参加してみてください。

入院、外来件数の内訳

2013年度

領域 入院件数 外来件数
(救急外来を除く)
代表的な疾患
感染症 274 915 尿路感染症、気管支肺炎、RSウイルス細気管支炎
神経・精神 168 3755 熱性けいれん、てんかん、脳炎・脳症
呼吸器 92 2114 気管支喘息、睡眠時無呼吸症候群
アレルギー 49 812 食物アレルギー、じんま疹
血液・腫瘍 40 448 急性白血病、血球貪食症候群、血友病
免疫・膠原病 35 255 川崎病、シェーンライン・ヘノッホ紫斑病、若年性関節リウマチ
消化器 27 740 腸重積症、急性虫垂炎
内分泌 22 115 汎下垂体機能低下症、原発性甲状腺機能亢進症
腎・泌尿器 14 559 小児ネフローゼ症候群、慢性糸球体腎炎
代謝 12 588 低血糖、糖尿病
循環器 6 743 心房中隔欠損症、不整脈
先天異常 6 103 ダウン症候群、クリッペル・ファイル症候群
その他 10 11147 異物誤飲、予防接種、乳児健診

救急外来受診者数 月別内訳

2013年度

救急外来受診者数 月別内訳

働く医師が感じる小児科学教室の特徴 (記:齋藤 亜紀)

特長 私は平成21年4月に川崎医科大学附属病院小児科に入局しました齋藤亜紀と申します。平成23年9月に長男を出産し、現在は子育てと仕事の両立をモットーに職場に復帰しています。

 妊娠が分かってからは、上司の先生方は体を気遣ってくださり、同僚の医師や後輩たちにはたくさん助けてもらいました。周囲の方々の支えがあり、なんとか産休に入るまで大きなトラブルなく働くことができました。

 出産後1年間たっぷりと育児休暇をいただき、平成24年9月に職場に復帰しましたが、現在は主に外来診療と乳児健診を担当しています。授乳や離乳食のことなどは自分の経験を交えながらお母さんたちの相談にのり、アドバイスができるようになりました。子育てを経験して小児科医として成長できたと感じています。

 話は変わりますが、小児科で働いていると保育園に通い始めたばかりのお子さんがよく風邪をひいて受診するということがあります。そんな時患者さんのお母さんはとても心配されて「うちの子はずーっと風邪をひいていますが、免疫とか大丈夫ですか?」とよく質問されます。そんな時、私たち小児科医は「保育園に行き始めて1年間はいろんな感染症にかかるものです。そうやって免疫ができて強くなるんですよ!」などとお話していました。私も子どもを保育園に預けるようになって、本当にその通りだと実感しました。実際自分の身に降りかかると本当に大変でした。私の子どもはアデノウイルス咽頭炎を筆頭に水痘、ノロウイルス胃腸炎、ロタウイルス胃腸炎、インフルエンザ、中耳炎などなどあらゆる病気をもらってきては、看病する私も感染してしまうという感じでした。私が外来診療中に子どもが熱を出したと保育園からお迎えの呼び出しがあることもありましたが、そんな時でも、バックアップの先生が外来を代わってくださるので、迎えに行くことができ、本当に助かりました。また当院は病児保育も充実しており、保育士さんがしっかりみてくださるので子どもが病気の時も安心して働くことができます。

 最後になりますが、私は育児休暇をたっぷり1年間いただくことができ、自分の子どもとゆっくり向き合うことができました。これも職場のみなさんの理解と協力があったからこそと思います。
 川崎医科大学附属病院の小児科は働くママさん女医を応援しています!!一緒に働く仲間が増えて、みなさんと楽しく仕事をしていけたらと思っています。

1か月のトロント小児病院の研修を終えて (記:若林 尚子)

特長 平成26年4月から川崎医科大学付属病院小児科に入局致しました若林 尚子です。私は卒後2年間の初期研修を当病院で行いましたが、研修中、カナダにあるトロント小児病院で研修をさせていただけたのでご紹介させていただきます。

 当病院には初期研修中に1か月間海外の病院で研修ができる『Traveling Fellowship Residency Program (TFRP)』というプログラムがあり、私もこのプログラムに参加してカナダのトロント小児病院で1か月間研修をさせていただきました。Sick Kidsの愛称で呼ばれるトロント小児病院は小児に関係するありとあらゆる診療を担う大病院で、特にカナダでは「Sick Kidsが最後の砦」と言われるほどカナダ全土の小児医療を支える拠点であり、小児医療の最高峰の一つといえる小児病院です。当科に入局されている多くの先輩方もこのプログラムを介してSick Kidsで研修をされており、小児科を志す身として私も一度世界を見ておきたいと思いプログラムに参加しました。

 これまで留学経験がなく1か月間無事に研修が終えられるのかという心配もありましたが、そんな私をSick Kidsの人々は非常に暖かく迎え入れてくれました。私はTemporary Observer(短期見学者)だったので、直接診療に携わることはできませんでしたが、医師や看護師だけではなく、Sick Kidsで働く研究者らと時間を共にすることで、普段臨床をしているだけでは気付けない、医学研究という面での医療についても考えるきっかけになりました。また、Sick Kids のStaff らは自分の仕事に誇りと高いモチベーションをもっており、「患者とその家族が最も困っていることは何か」を理解しようと努め、「その問題を取り除くための一番の方法」を常に模索しているように見えました。激務になるほど自分に余裕がなくなってしまいがちですが、自分が診ているのが疾患だけにならないよう、患者や家族の不安を和らげられる診療を心掛けていきたい。海外研修から帰ってきてから、常にそう考えるようになりました。

 世界最高峰の小児病院での診療を自分の目で間近に見ることができたこと、世界最高峰の小児病院のスタッフのモチベーションに感化されたこと、そして、これからどのような小児科医になりたいのか考えるきっかけになったこと、全てが私にとって貴重な経験となりました。

 当院で研修を考えられていて、小児科にも興味があるという方には、是非とも参加してもらいたいプログラムであります。参加される場合は、私を始め小児科スタッフが全力でサポートします。世界を一緒に見に行きましょう!

病院見学は随時受け付けております。まずはメールでお問い合わせください。
川崎医科大学 小児科学教室
メール:pediatr@med.kawasaki-m.ac.jp