診療のご予約

川崎医科大学附属病院
川崎医科大学附属川崎病院

子ども達の笑顔の為に私たちと一緒に働きませんか

  • 学生の方へ
  • 初期研修中の方へ

私たちの3つのポイント

1.豊富な症例数
 当病院は大学病院でありながら1次救急から3次救急まで対応します。2013年度は入院件数755件、外来件数(救急外来除く)20022件、救急外来件数6043件であり、common diseaseから、まれな疾患、重症疾患まで幅広く学ぶことができます。

2.女性医師サポート体制
 当医局は働く女性医師を全力でサポートいたします。妊娠判明後は基本的に当直業務につくことはありません。母体を第一に考え、負荷のかかる業務は最小限に抑えます。体調が悪い時には休んでも支障が出ないシステムを組んでいますので安心です。産前休暇は出産予定日前の6週間、産後休暇は出産後の8週間となっています。
 無事出産を終え、子育ての際もまかせてください。当院は院内保育病児保育を完備しております。就業時間は8時半~17時、外来業務、学生教育、研究などから個々の希望に合わせてフレキシブルに対応いたします。子育てをしながら、しっかりとスキルアップ、キャリアアップが可能です。
 もちろんイクメンも全力でサポートいたします。入学式、卒業式、運動会、子どもにとってパパが必要とされる場面はたくさんあります。多くの子どもを元気にする小児科医でも、たった一人の我が子を大事にできないようでは小児科医として失格であると考えます。子どもと一緒に掛け替えのない思い出を作ってください。 また、基本的に夜間の当直明けは午後から帰宅可能ですので、休んだり自分の時間を持ったりすることが可能です。

3.トロント小児病院への短期留学が可能
 初期研修2年目に1ヵ月間海外研修が可能です。研修先はカナダにあるトロント小児病院です。そこで最先端の医療現場を体験することができます。毎年希望した先生方が研修に行き、多くのことを学ばれて来られます。後期研修でも可能ですので、将来留学を考えられている先生はぜひ参加してみてください。

入院、外来件数の内訳

 最新の診療業績はこちら https://h.kawasaki-m.ac.jp/data/dept_016/dept_s_dtl/

現在/未来の子育てドクターさん達へ (記:若林 尚子)

特長 「良医」と聞くと、どんなことが思い浮かびますか? 膨大な知識をもつ医師。手技に秀でた医師。いつも温和な医師。説明上手な医師。聞き上手な医師。いろんな良医がありますね。私が目指す良医像にもいろいろありますが、その中に「自分の子どもを大切にできる医師」があります。

 初期研修1年目の4月、私の医師としての初めての仕事の場は、川崎医科大学附属病院小児科でした。その初日に、現在の上司の先生から「自分の子どもを大切にできない人が、他人の子どもを大切にできるわけがない。良い小児科医にはなるためには、まず自分の家族を大事にしないといけないよ。」と言われて、確かにその通りだと感銘を受けたのを今でもよく覚えています。それから数年後に私も母になりましたが、当教室では、より良い小児科医を育成するための一環として、子育てと仕事を両立できるようなバックアップ体制が整えられているので、安心して仕事に復帰することができました。

 私の妊娠から復職までのことを簡単にご紹介します。妊娠がわかってから産休に入るまでは病棟業務を続けていましたが、夜間の当直業務を免除していただけたのがありがたかったです。1年間の育児休暇をいただいたのち、復帰のために申し込んでいた認可保育園には全て落ちてしまいましたが、院内保育所を利用することで育児休暇を延長することなく仕事に復帰することができました。とはいえ、復帰後すぐに出産前と全く同じように働くことは難しく、急な子どもの体調不良で保育園から呼び出されたり、病児保育室が満員で急遽お休みしたり、子どもが入院したりと、仕事を抜けざるを得ないことがしばしばありました。その度に、バックアップの先生が快く診療業務を交代してくださったので、とても助かりました。

 復帰後は病棟業務からは離れ、当日に予約外で来られた患者さんを診療する外来や、乳児健診外来を主に担当しています。前者に来られる方は感染症や急性腹症などのcommon diseaseが大半ですので、primary careの重要性に向き合う良い機会となりました。時間外の業務に関しては、産休前と同様に夜間当直には入らず、月2回の休日の日直にしてもらっています。休日に日直に入る分、代わりの休日がいただけているので、子どもと過ごす時間も保たれています。参観日や運動会にも積極的に参加させてもらえて、とても楽しく仕事と育児を両立することができています。また、私は出産前と同じ勤務時間(フルタイム)で復帰しましたが、育児短時間勤務や時差出勤制度などを利用されている方もいます。子育てが一段落してくれば、外来業務だけをするのではなく、病棟業務に戻ることも可能です。一人一人、その時々の子育てスタイルに合わせた勤務体制を、皆で一緒に考えていきます。

 川崎医科大学小児科学教室は、子育て中のドクターを応援しています。良い小児科医、良き親を目指して、楽しく笑顔で一緒にお仕事できたら嬉しいです。その時は是非、可愛いお子さんの自慢話をたくさん聞かせてくださいね!

1か月のトロント小児病院の研修を終えて (記:若林 尚子)

特長 平成26年4月から川崎医科大学付属病院小児科に入局致しました若林 尚子です。私は卒後2年間の初期研修を当病院で行いましたが、研修中、カナダにあるトロント小児病院で研修をさせていただけたのでご紹介させていただきます。

 当病院には初期研修中に1か月間海外の病院で研修ができる『Traveling Fellowship Residency Program (TFRP)』というプログラムがあり、私もこのプログラムに参加してカナダのトロント小児病院で1か月間研修をさせていただきました。Sick Kidsの愛称で呼ばれるトロント小児病院は小児に関係するありとあらゆる診療を担う大病院で、特にカナダでは「Sick Kidsが最後の砦」と言われるほどカナダ全土の小児医療を支える拠点であり、小児医療の最高峰の一つといえる小児病院です。当科に入局されている多くの先輩方もこのプログラムを介してSick Kidsで研修をされており、小児科を志す身として私も一度世界を見ておきたいと思いプログラムに参加しました。

 これまで留学経験がなく1か月間無事に研修が終えられるのかという心配もありましたが、そんな私をSick Kidsの人々は非常に暖かく迎え入れてくれました。私はTemporary Observer(短期見学者)だったので、直接診療に携わることはできませんでしたが、医師や看護師だけではなく、Sick Kidsで働く研究者らと時間を共にすることで、普段臨床をしているだけでは気付けない、医学研究という面での医療についても考えるきっかけになりました。また、Sick Kids のStaff らは自分の仕事に誇りと高いモチベーションをもっており、「患者とその家族が最も困っていることは何か」を理解しようと努め、「その問題を取り除くための一番の方法」を常に模索しているように見えました。激務になるほど自分に余裕がなくなってしまいがちですが、自分が診ているのが疾患だけにならないよう、患者や家族の不安を和らげられる診療を心掛けていきたい。海外研修から帰ってきてから、常にそう考えるようになりました。

 世界最高峰の小児病院での診療を自分の目で間近に見ることができたこと、世界最高峰の小児病院のスタッフのモチベーションに感化されたこと、そして、これからどのような小児科医になりたいのか考えるきっかけになったこと、全てが私にとって貴重な経験となりました。

 当院で研修を考えられていて、小児科にも興味があるという方には、是非とも参加してもらいたいプログラムであります。参加される場合は、私を始め小児科スタッフが全力でサポートします。世界を一緒に見に行きましょう!

病院見学は随時受け付けております。まずはメールでお問い合わせください。
川崎医科大学 小児科学教室
メール:pediatr@med.kawasaki-m.ac.jp