作業療法学科

写真

世界作業療法士連盟(WFOT)の認定校として登録されています。

豊富な実習で質の高い作業療法士を目指す

 作業療法(Occupational Therapy:OT)は、身体に障がいがある人々に治療を行う「身体障害領域」と精神に障がいがある人々に治療を行う「精神科領域」に分けられますが、卒業して国家試験に合格した場合、両方の分野で作業療法士として働く資格を得ることができます。

 身体障害領域における作業療法は、小児から高齢者までの患者さんに対して、家庭で毎日行わなければならない日常生活活動(歩行、食事動作、排泄動作、更衣動作、入浴動作など)の訓練を主として行います。日本の生活様式は欧米と比べて障がい者にはかなり不便ですので、畳からの立ち上がりや移動の方法も作業療法士が訓練を担当します。また、筋力の強化や麻痺の改善、認知機能の向上などを目指して作業課題(輪投げ、バランス練習、パソコン訓練、手工芸など)を患者さんに提供します。作業課題は患者さんが行うことであり、芸術性を求めているのではないため、不器用であったとしても作業療法士になることには何ら問題はありません。日常生活活動の訓練を行い、高齢者や障がい者の自立を援助するという意味では、応用的動作を扱う職種と言っても過言ではありません。
 精神科領域における作業療法は、統合失調症や躁うつ病などの患者さんに対して精神機能の改善と社会的生活能力の向上を促します。作業課題を通じて精神的安定を図り、社会的生活技能訓練によって社会生活での自立を支援します。
 よりよい治療を提供するために、作業療法士には、身体の構造や機能、疾病、作業活動などに関する知識・技術の習得が求められます。また、社会人、医療人としての姿勢や態度を身につけることが必要です。3年間の講義と学内・外での豊富な実習により作業療法の過程を学び、質の高い作業療法士を目指します。

1年次

写真

一般教養と人体に関する基礎知識、リハビリテーションの理念、作業療法の概論を学習します。また、教員に1、2名の学生がつき、附属病院リハビリテーションセンターで臨床見学を行い、作業療法場面の雰囲気を体験します。また、患者さんの疾患、作業療法の目的、内容について考えます。

2年次

写真

運動に関する知識、各疾患の病態・症状などの臨床医学、作業療法の専門科目を学びます。附属病院リハビリテーションセンターで、教員につき評価や治療実習を行い、机上での学習とを結びつけ、患者さんとの実習を通して、知識・技術を習得します。また、3学期には週1回、精神病院で院外実習を行い、精神疾患の患者さんに対する作業療法評価を学びます。

3年次

写真

学内で習得したことをもとに、実際に病院や施設で、一施設につき8週間の臨床実習を計3回行います。臨床実習後毎回、症例検討会を行います。実習を通じて、作業療法士としての基本的知識・技術、専門職としての態度を身につけます。実習終了後は、卒業試験、国家試験に向け学習します。