理学療法学科教員

 理学療法学科では患者さんの治療に必要となる知識や技術だけではなく、治療者に求められるコミュニケーション能力や倫理観を学生に伝えることも目標として授業や指導に取り組んでいます。

村上朋彦

教授

教務主任

『なぜ人はそうするのか』身体の動きも、心の動きも。
あなたは今、どこでどんな姿勢で何を考えながら、ホームページを見ているのでしょうか?どこまで意識し、どこからが無意識?突然意図した通りのことができなくなったら?無意識にやっていることができなくなったら・・・
例えば、そんなことを考えて、日々学んでいる私です。


笘野 稔

准教授

学科長

免許取得後、一般病院を経て母校に教員として戻ってきました。整形外科疾患、外傷の術後理学療法に興味を持って、教育・臨床・研究に取り組んでいます。 臨床場面には、教科書で学ぶことでは感じ得ない興味や疑問があふれています。生じた興味や疑問をとことん突き詰める、そんな熱意を伝えられたらと考えています。


松本晋輔

講師

理学療法は、患者さんの人生の岐路に立ちあう責任のある仕事です。
医療技術者としての責任を果たすべく、臨床と講義を通して、皆さんと共に知識、技術を高めていきたいと思っています。


松田英希

講師

当学院卒業後、一般病院で理学療法士として経験を積み、教員になりました。
理学療法は、対象者のその後の人生をより充実したものにする礎を創ります。
難しいし、楽しいことばかりでもありませんが、やっぱり素晴らしい仕事だと思います。一緒にがんばりましょう。


岡田 裕

講師

私達、理学療法士が接する患者さんの症状は多岐にわたります。臨床経験の中で、身体症状だけでなく、心が弱っている人もたくさん担当してきました。知識・技術はもちろん大切ですが、患者さんを一疾患としてではなく、一人の人間として接し、広い視野で物事を考えられる理学療法士を育てたいと考えています。私自身も学生と一緒に成長できるようにがんばっていきたいと思っています。


花崎加音

講師

長年急性期の医療に携わってきたのですが、現場では知識、技術、心のどれが欠けても駄目であることを痛感してきました。ですので、知識はもちろんのこと、臨床現場に直結した環境で、技術も心も成長してゆく学生の姿には大きな希望を感じています。同じ目的をもった学生が、クラス一致団結して明るく熱心に学んでいますよ。新しい仲間を待っています。


大西重徳

助教

「今、自分にできること」
 実際の理学療法場面では、「人」を相手にするため、臨床症状だけでなく、患者さんの訴えや背景など様々な問題に直面します。これまでの経験なども踏まえて、理学療法の難しさとともに面白さを伝えることができればと思っています。
 今を大切にし、互いに高めあえるよう頑張っていきましょう。