理学療法学科

写真

充実した実習で知識・技術と人間性を兼ね備えた理学療法士に

理学療法(Physical Therapy:PT)は、身体に障がいのある人に対して、主に基本的動作能力の再獲得を目指して、運動療法、物理療法、日常生活動作練習などを行います。また、障がいを持つ方に限らず、様々な年齢の方に対する健康管理・身体機能維持への関わりや、スポーツ選手がより高いパフォーマンスを発揮するための支援など、対象となる年齢・分野は多岐にわたります。

より良い治療を提供するために、理学療法士には解剖学・運動学などを基盤とした身体の運動に関する幅広い知識の習得が求められます。3年間の講義および充実した臨床実習を通じて知識・技術の習得だけでなく、様々な背景を持った患者さんと適切な関係を作る上で求められるコミュニケーション能力や相手の心情に共感できる感性など豊かな人間性を持った理学療法士の養成を目指しています。

1年次

写真

一般教養と人体に関する基礎知識、リハビリテーションの理念、理学療法の概論を学習します。身体の運動を観察・理解する上で基礎となる知識を学びます。また、教員に1・2名の学生がつき、附属病院リハビリテーションセンターにて教員が患者さんに理学療法を実施する場面を見学する実習を行います。

2年次

写真

理学療法を実施する上で必要な、運動療法や物理療法などの治療手段や義肢装具・車椅子などの知識についても学びます。また、各種疾患についての病態・症状などの臨床医学、疾患別の理学療法について学びます。
教員が担当する患者さんに対する評価・治療を行う実習を行い、机上の学習を実際の臨床と結びつけ知識・技術の習得を目指します。

3年次

写真

学内で習得した内容をもとに、実際に病院や施設で、1施設につき8週間の臨床実習を計3回行います。これにより理学療法士としての基本的知識・技術、専門職に従事する者としての態度や資質を身につけます。実習終了後は、卒業試験・国家試験に向け学習します。