オープンキャンパスなど

卒業生メッセージ

写真

学院で学んだことが今の私の自信につながっています

理学療法学科(2016年3月卒業)
松村 光恵さん(津山東高等学校出身)
岡山労災病院 勤務

 私はこの学院で素晴らしい出会いがあり、成長することができました。学院生活は決して楽ではなく、自分の知識や技術の低さに逃げ出したくなることもありました。そんな時、先生は1人ひとりの学生に向き合い、親身になって指導してくださいました。また、お互いを刺激し合える仲間の存在も、私を支えてくれました。
 現在は岡山労災病院で勤務していますが、今楽しく仕事ができるのも素晴らしい出会いがあり、成長することができた学院生活のお陰だと思います。学院で学んだことが、今の私の自信につながっており、学院での思い出は一生忘れることはありません。
 これからも学院とのつながりを大切にしながら試行錯誤を繰り返し、患者さんの回復を支援できるよう精進していきます。



写真

仲間と切磋琢磨した日々は最高の財産です

作業療法学科(2016年3月卒業)
木下 誠志さん(鳥取東高等学校出身)
川崎医科大学附属病院リハビリテーションセンター勤務

 高校生のとき、祖父母の姿をみて日常生活面の支援を行う作業療法士に魅力を感じました。学院の先生方は御自身の貴重な臨床経験をまじえながら講義や実習の指導をしてくださいました。それで「もっと知りたい!」と思い、ますます勉強したくなりました。
 同期の仲間と切磋琢磨した日々は最高の財産です。セラピストを目指す方にとっては、これ以上ない環境だと思います。作業療法士となった今、患者さんそれぞれの「その人らしさ」をより大切に臨床に取り組んでいます。学院で学んだ基礎に現場での経験を積み上げ、より良いセラピストへ成長していきたいと思います。



写真

人間性まで育ててくれた学院の先生方に感謝。

理学療法学科(2017年3月卒業)
眞部 良太さん(香川県立高松西高等学校出身)
川崎医科大学附属病院リハビリテーションセンター勤務

 急性期や回復期の患者さんを担当しているので、退院前の患者さんから「おかげで家に帰れるようになったよ、ありがとう」と声を掛けられると自分のしてきたことが報われたような気持になります。本学院は学生数が少ないのでみんな仲が良く、熱心で細やかな指導やサポートを受けられるのも大きなメリットです。講師の方は全員現役のセラピストで、知識や技術はもちろん人間性も学ぶことが多かったです。




写真

充実した最高の学生生活を送ったから今がある。

作業療法学科(2017年3月卒業)
橋本 美生さん(広島県立三原高等学校出身)
川崎医科大学附属病院リハビリテーションセンター勤務

 1日10〜12人の作業療法を行っています。まだ1年目なので自分の知識や技術不足を感じていますが、先輩や先生方にアドバイスをいただきながら頑張っています。学院での3年間、多忙な日々を過ぎしていましたが、グループで協力する機会が多かったせいかクラス全員が団結していたので、振り返ると良い思い出ばかりで最高の学生生活でした。きっと充実した時間になると思いますよ。