校舎建築

フロア紹介

 平成21年春、旧校舎跡地に附属病院北館棟が完成しました。
 この棟の3・7・8階にリハビリテーション学院の校舎として、講義室・実習室・図書室・講堂・学生ラウンジなどが整備されています。学院玄関は、専用の出入口を1階に設けて専用エレベーターで3・7・8階と行き来することができます。
 病院本館棟8階(食堂・売店・喫茶等)へは、連絡通路で結ばれています。

 また、2階は「リハビリテーションセンター」として外来診療室及びPT・OT・STの各訓練室をワンフロアーに集約し、患者さんの動線を短縮するよう設計されています。5・6階は「回復期リハビリテーション病棟」として、リハビリテーションセンターと連携した入院治療の環境が整備されています。
 このように、学院は、リハビリテーションセンターと直結した場所に位置するので、最適な環境で、実習が行われることになります。

フロアマップ