最近のできごと



2020年

2020年12月:「医学研究への扉」学生学術発表会
11月~12月にかけて、医学部2年生が当科で5週間の基礎研究を行いました。
研究成果をまとめ、学生学術発表会で立派に発表してくれました。
研究から学んだことを今後の学業にも活かしていってください。
指導してくれた赤木先生、補助員さんもありがとうございました。

掲載者:向井
掲載日:2020年12月25日

2020年12月:学園便りに向井医師が掲載されました

掲載日:2020年12月22日

2020年12月:小出医師がベスト研修医を受賞しました
当科の小出医師が、最も精進した研修医に送られる「ベスト研修医」賞を受賞しました。

掲載者:楠本
掲載日:2020年12月17日

2020年12月:浅野医師と赤木医師がAPLAR2020 Excellent Abstract Awardを受賞しました
当科の浅野医師と赤木医師が、The 22nd Asia Pacific League of Associations for Rheumatology (APLAR 2020)にて「APLAR2020 Excellent Abstract Award」を受賞しました。



掲載者:楠本
掲載日:2020年12月7日

2020年11月:木佐彩子さんとの対談
昨日、関節リウマチ患者さんのための無料ウェブセミナーにて、当科の守田医師が、フリーアナウンサーの木佐彩子さんと対談しました。
セミナー開催に尽力していただいた皆様、お忙しい中来ていただいた木佐さんに感謝申し上げます。

掲載者:楠本
掲載日:2020年11月24日

2020年10月:向井医師が川崎医科大学守分記念賞を受賞しました
当科の向井医師が、教育・研究・診療等の卓越した業績を認められ、川崎医科大学守分記念賞を受賞しました。

掲載者:楠本
掲載日:2020年10月26日

2020年8月:辻医師が優秀ポスター発表賞を受賞しました
当科の辻医師の研究が、川崎医科大学学術集会にて優秀ポスター発表賞を受賞しました。
研究題目:TNF受容体関連周期性症候群(TRAPS)のモデル細胞作製と炎症惹起・遷延化メカニズムの解析

掲載者:楠本
掲載日:2020年8月3日

2020年7月:浅野医師が川崎医学・医療福祉学振興会より表彰されました
当科の浅野医師の研究が川崎医学・医療福祉学振興会より高い評価を受け、教育研究助成事業として承認されました。
研究題目:miR223を介したS1PR1発現制御によるSLE病態の解明

掲載者:楠本
掲載日:2020年7月22日

2020年7月:守田医師がBest Doctors in Japan 2020-2021に選出されました
米国ベストドクターズ社が企画しているBest Doctors in Japan 2020-2021に当科の守田医師が選出されました。

掲載者:楠本
掲載日:2020年7月17日

2020年6月:山本医師がBest指導医(臨床実習指導医 優秀賞)を受賞しました

研修医指導に献身した医師に送られる「Best指導医」を、当科の山本医師が受賞しました。
山本先生おめでとうございます!当科としても、とても嬉しいです。

掲載者:楠本
掲載日:2020年7月6日

2020年6月:山本医師と小出医師が川崎医科大学CAMPUS GUIDE2021に掲載されました

掲載日:2020年6月25日

2020年6月:長洲医師 第20回川崎医学会賞 研究奨励賞を受賞
当科の長洲医師の研究発表が、第20回川崎医学会賞 研究奨励賞を受賞しました。
研究題目:Sh3bp2 Gain-Of-Function Mutation Ameliorates Lupus Phenotypes in B6.MRL- Fas lpr Mice
2020年3月:送別会(自粛)
コロナの影響で、送別会も自粛となってしまいました。
今年は異動になる先生が多く、寂しい限りです。

せめて送別の品だけでも・・・
先生方の新天地でのご活躍をお祈りしております。

掲載者:楠本
掲載日:2020年3月18日

2020年2月:学園便りに辻医師が掲載されました


掲載日:2020年2月25日

2020年1月:医局新年会
今年も医局の新年会を行いました。
以前医局に在籍されていた先生や補助員さん、また「医学研究の扉」で当科に研修に来てくれた医学生、来年入局予定の先生にも参加していただきました。
また来年も元気で笑って会えるように、新しい年、今年もがんばっていこうと思います!

掲載者:楠本
掲載日:2020年1月24日