最近のできごと

2016年

2016年12月16日:医学研究への扉

2学年の学生3名が、当科で一ヵ月にわたり基礎研究に従事し、
研究の成果は学生学術発表会で発表してもらいました。
いずれもレベルが高く、素晴らしい発表でした。
直接ご指導下さった先生方、研究・実験補助員さんに感謝です。

掲載者:守田





2016年12月08日:初めての医局忘年会

当科は2010年に新設されました。
少人数であったこともあり、今まで忘年会をしたことがありませんでした。
6年が過ぎ、初めての忘年会をしました。
所属医師や研究補助員さんの人数も増え、時の流れを感じました。

掲載者:守田




2016年11月14日:米国リウマチ学会(ACR)に参加して

今年の米国リウマチ学会はワシントンDCで開かれました。
三戸先生と藤田先生が発表を行い、有意義な意見交換ができました。
今後の研究の発展に繋がりそうです。

掲載者:守田





2016年10月:平野先生が川崎医学会で受賞されました


当科の平野医師が発表した論文が高い評価を受け、平成28年度 第16回川崎医学会賞 川崎医学会誌論文賞を受賞いたしました。

論文題名:
TNF recepter type 2 transmits caspase-dependment apoptotic signals in fibrobrast-like synoviocytes derived from rheumatoid arthritis. Kawasaki Medicak Journal 41: 29-40, 2015


2016年5月19日 川﨑医科大学のラウンジにて

6年生の学生と一緒に写真をとりました。
将来皆が、心優しく、実力のある医師となることを願っています。

掲載者:守田