第14回日本デジタルパソロジー研究会総会
外部サイトが開きます
外部サイトが開きます
総会事務局
川崎医科大学 現代医学教育博物館
(メディカル・ミュージアム)
別ウィンドウが開きます
〒701-0192 岡山県倉敷市松島577
TEL: 086-462-1111(内線33242)
FAX: 086-464-1127
E-mail: museum@med.kawasaki-m.ac.jp
ご挨拶
総会長:森谷卓也 第14回 日本デジタルパソロジー研究会総会 世話人総会長
森谷 卓也(川崎医科大学 病理学2 / 現代医学教育博物館)

 第14回の日本デジタルパソロジー研究会をお世話させていただくことになりました。新しい研究会の名称となった最初の会を倉敷で開催できますことを大変光栄に存じております。

 デジタル病理に関する技術革新や、教育・診療・研究それぞれにおける利用方法の展開は著しく、本研究会でも多彩なトピックスが掲げられるようになりました。
 その中でも、今回は「デジタル病理教育の展望」をテーマに掲げました。これは主会場が川崎医科大学 現代医学教育博物館(メディカル・ミュージアム)であり、 医学・医療の教育に特化した機関である点にも起因しております。
 また、海外からの招請講演者であるシンガポール総合病院のPuay Hoon Tan先生(WHO分類 乳腺の編者のお一人です)には、デジタル標本を用いたスライドセミナーもお願い致しております。この部分は講習会のみでも聴講いただけるよう、別途申し込みをいただくことも可能とする予定に致しております。

 倉敷は観光地ですので、お時間がございましたら美観地区や大原美術館にも足をお運び下されば幸いです。会の中には、私どものミュージアムの見学ツアーも組み込みますので、是非、皆様お誘い合わせてお越し下さい。

2015年6月吉日

ホームページ内の無断転載を禁じます。Copyright(c)2015- Medical Museum, All Rights Reserved.