img/okayamajyo_01.jpg

展示概要

■同じ種類の機器・製品を一同に集めたテーマゾーンの設置
企業展示では企業間の垣根を越えて参加者が比較できるように、テーマゾーンを設けて、同じ種類の機器・製品を一同に集め、各メーカーの機器・製品の特徴を参加者が体感できることを目指します。 このため、企業によっては1つのテーマではなく、複数のテーマに沿った展示をしていただくことが可能です。この場合も同額料金とさせていただきます。


■ウエットラボ等の体験型展示の設置
今回の研究会では、企業展示会場においては参加者が様々な機器、製品を実際に触って体験できることを主眼においています。実際に機器や製品に触れて、動かし使ってみることで、その機械や製品の深い理解が得られることを目的としています。


■演題発表とのスムーズな連携
今回、ポスター発表を展示会場内で行う予定です。ポスター発表の内容に近い場所にテーマゾーンを設置することにより、ポスター発表内に記載されている機器・製品を、直ちにテーマゾーンにて詳しく知ることができるようにしたいと思います。


 展示会場レイアウト(PDF)  展示内容(PDF)


展示企業から一言(順不同)

◆旭化成クラレメディカル株式会社
私たち旭化成クラレメディカルは透析医療の多様なニーズにお応えする幅広いラインアップの人工腎臓、並びに難病治療のアフェレシス関連製品を提供する血液浄化のリーディングカンパニーです。


◆ニプロ株式会社
ニプロでは的確且つ確実なクリアランスギャップの有効活用をサポートする幅広い製品(HD02、ダイアライザ、透析用針など)群を本会でご紹介いたします。


◆川澄化学工業株式会社
透析関連製品を扱う国内メーカーが開発した、PTAバルーンカテーテルを展示しております。
出展製品は,K-クラフトバルーンカテーテル、PTA用バルーンカテーテルOTW 優雅、K-フローバルーンカテーテルです。


◆ガンブロ株式会社
ガンブロ株式会社は40年以上にわたり腎疾患治療の市場において革新的な技術・製品を提供してまいりました。
1969年、世界初の合成高分子膜として世に誕生したAN69膜。生体適合性に優れ、マイルドな透析を提供し続けています。特殊表面加工を施したドルフィンカテーテル。滑らかな表面は血栓形成リスクを軽減させます。
形状見本をご用意して皆様のご来場をお待ち申し上げます。


◆株式会社メディコン
株式会社メディコンは、バスキュラーアクセスソリューションを提供するトータルカンパニーです。透析導入からシャントリペアまでさまざまな製品ラインナップで透析患者様のQOLの向上に貢献します。


◆株式会社ジェイ・エム・エス
Crit-lineVTQAはHctとSatを測定し循環血液量変化率を表示し又生食ボーランス法によるシャントリサーキュレーション率の測定が可能です。TQAセンサーパッドを使用する血流量測定機能もあります。


◆アロウ ジャパン株式会社
米国に本社をおくテレフレックス社は世界28ヶ国に拠点を置くグローバルリーディングカンパニーであり、その一員であるアロウジャパン(株)は、透析関連において15年以上の販売実績があります。


株式会社グッドマン
ソラテック人工血管は、バスキュラーアクセス専用の人工血管として早期穿刺および良好な止血性を兼ね備えたポリウレタン製の人工血管です。様々な合併症の軽減などに加え、患者さんのQOLの向上にも貢献します。


◆日機装株式会社
弊社は、透析トータルメーカーとして透析医療の発展と、患者様のQOL向上に取組んでいます。展示ではV型ダイアライザーFDY−10シリーズ、多用途透析用監視装置MODEL DCG-03をご紹介させていただきます。


◆ボストン・サイエンティフィック株式会社
ボストン・サイエンティフィックは低侵襲治療に特化した世界最大の医療機器メーカーの一つです。様々な血管内治療の御要望にお応えすべくノンコン、セミコン、ハイブリッド及びカッティング型等ラインナップ致しております。


◆東レ・メディカル株式会社
東レ・メディカルは研究会展示において、体外循環状態のモニタリングを行う測定流量・脱血連続監視機能を実機にて体験展示致します。またダイアライザー、HDFフィルター等製品展示も併せてご覧いただければと思います。


◆日本シャーウッド株式会社
日本シャーウッド鰍ヘ、本大会におきまして@透析穿刺針(安全針)、A血液浄化用ブラッドアクセスカテーテル、B新型のハンディーエコーの展示を致します。体験型イベントもございますので、ご来店をお待ち申し上げます。


◆メディキット株式会社
Always for the change 創業以来血液浄化に携わりもうすぐ40年を迎えます。医療は、更なる変化を伴って未来へと向かうことでしょう。メディキットはバスキュラーアクセスの進化を求め、常に製品の変化を追及して参ります。