~ 脳卒中の予防と患者・家族の支援を目指して ~

  • 日本脳卒中協会岡山県支部へようこそ
  • 脳卒中が疑われたら一刻も早く専門病院へ
  • 脳卒中・循環器病対策基本法の成立を求める会
  • 脳卒中予防十か条
  • 市民啓発事業について-市民公開講座-
  • 開業医教育研修事業について-講演会-
  • 研修医教育研修事業について-セミナー-
  • 脳卒中なんでもFAX相談

日本脳卒中協会岡山県支部へようこそWelcome to JSA(OKAYAMA) Site

公益社団法人 日本脳卒中協会Concept

日本脳卒中協会岡山県支部

  脳卒中に関する正しい知識を一般の方々に普及し、また社会への啓発活動を行なうことによって脳卒中の予防を目指している非営利団体です。同時にこれらの活動を通じて、脳卒中患者さんや御家族の不安、ハンディキャップを少しでも少なくし、より良い生活を送っていただくことを目指しています。
  大阪に本部があり、全国46都道府県、2政令指定都市に48支部があります。その趣旨に賛同いただいた医師をはじめとした医療関係者、製薬メーカーあるいは患者さんやその御家族がメンバーとなっています。

世界脳卒中会議2018展示<脳卒中患者・家族・介護者の証言>にご応募くださいNEW!

世界脳卒中機構(World Stroke Organization)

  日本脳卒中協会が加盟している世界脳卒中機構が、2018年10月にカナダのモントリオールで第11回世界脳卒中会議を開催します。
この会議は脳卒中の予防、急性期治療、回復ケアの最新の動向に焦点を当てるもので、<脳卒中患者・家族・介護者の証言>という展示も企画されています。
患者・家族・介護者の方からも是非ご応募いただき、世界脳卒中会議参加者に、日本の脳卒中体験者の声を届けてください!


<応募方法>
次の内容を英語で150語以内にまとめ、写真と一緒にemailに添付して送ってください。
  ・氏名、国籍、現在/以前の仕事またはボランティア活動
  ・ご自身/ご家族/介護対象者は、いつ、何歳の時に発症されましたか?
  ・医療や関連職種の方々は、治療や介護で、どのように助けてくれましたか?
  ・誰が、そして何が回復に役立ちましたか?
  ・感謝したい人はいますか?
【応募締切】:2018年4月30日
【送り先】:Ms. Sarah Belson e-mail:sarah.belson@stroke.org.uk

岡山県支部トピックスTopics

支部長 宇野昌明

  平成27年4月1日より、公益社団法人 日本脳卒中協会 岡山県支部の支部長を拝命いたしました宇野昌明でございます。

市民公開講座開催予定Open LectureNEW!

市民公開講座イメージ

第13回岡山脳卒中市民公開講座
平成30年9月15日(土)

岡山コンベンションセンター
2階レセプションホール

5月25日~31日:脳卒中週間Topics

脳卒中週間

日本脳卒中協会は、脳卒中に関する知識を広め、一般市民の脳卒中に関する理解を高めることを目的に、平成14年から毎年5月25日から31日を脳 卒中週間と定め、脳卒中に関する啓発活動を行なっています。
2018年度の脳卒中週間の標語は「脳卒中 予防で生き生き 健康長寿」(横手敏夫さん作)です。

脈の日(3/9)心房細動週間(3/9→15)Topics

心房細動週間2016

日本脳卒中協会は、国民に脈をチェックすることを呼びかけるために、3月9日を「脈の日(Check Pulse Day)」として、日本記念日協会に登録しました。
語呂合わせで、3(みゃ)月9(く)日です。

脳卒中・循環器病対策基本法の成立を求める会

脳卒中・循環器病対策基本法の成立を求める会

日本脳卒中協会も加盟している「脳卒中・循環器病対策基本法の成立を求める会」が、脳卒中・循環器病対策の現状と課題、その対策としての基本法の必要性について理解を拡げることを目的に、ホームページを1月1日に公開しました。

10月29日:世界脳卒中デーTopics

世界脳卒中機構(World Stroke Organization)

毎年10月29日は「世界脳卒中デー(World Stroke Day)」です。日本脳卒中協会が加盟している世界脳卒中機構(World Stroke Organization)は、2014年10月29日の世界脳卒中デーから、女性と脳卒中にスポットを当てた「アイ・アム・ウーマン:脳卒中になったら」という世界キャンペーンを行っています。

更新情報News

ページトップへ戻る
Copyright © 2015  日本脳卒中協会 岡山県支部. All Rights Reserved.