川崎医科大学 俵本 和仁
(平成23年度 受賞者)

高血糖下での血管内皮特異的PDK1シグナル阻害がインスリン感受性に及ぼす影響に関する研究

 この度は、平成23年度川崎医学・医療福祉学振興会助成を賜り、誠にありがとうございました。心から選考委員会の先生方に厚く御礼申し上げます。
 糖尿病にとって、網膜症、腎症、神経障害などの細小血管障害や、虚血性心疾患、脳血管疾患、閉塞性動脈硬化症などの大血管障害の合併は、患者自身の「生活の質」を大きく損ないます。現時点では、血管合併症、血管内皮障害を直接改善させる治療薬はまだなく、血糖、血圧、脂質をそれぞれコントロールし、包括的に血管合併症を予防する考えがまだ一般的です。糖尿病が血管内皮細胞に与える影響、血管内皮細胞が糖・脂質代謝に与える影響メカニズムを詳細に解明することは、新規血管合併症予防・治療薬の開発に欠かせないものの一つではないかと考えます。
 血管内皮細胞では、生理活性因子が血流・血管新生・血管透過性などを制御していますが、細胞内シグナル伝達機構はこれらの作用発現に大きく関与しており、中でもphosphoinositide-dependent protein kinase 1 (PDK1)は、PI3 kinaseシグナルを介して、血管内皮細胞の増殖や生体での血管拡張作用を調節しています。われわれは血管内皮細胞特異的PDK1欠損マウス(VEPDK1KO)を作成し、これまでに内臓脂肪内血管新生および脂肪細胞肥大を抑制することにより、高脂肪食負荷時に体重減少やインスリン感受性改善を呈することを報告してきました。現在、同マウスに高血糖状態を誘導し、高血糖時の組織内血管新生や全身のインスリン感受性に及ぼす、血管内皮細胞PI3Kシグナルの影響を解析しています。これまでの実験で、高血糖VEPDK1KOは、骨格筋内血管新生が特に低下し、骨格筋への糖取り込み能が悪化するというデータも得られています。将来的には糖尿病患者の血管内皮機能を改善させることで、骨格筋血流量が上昇し、全身の耐糖能が改善する薬剤も可能ではないかと、大きい夢を描きながら日々研究しています。


[平成23年10月27日掲載]