TOP > 学部 ・大学院 > 医療福祉学研究科− 保健看護学専攻 − 特長

保健看護学専攻(修士課程・博士後期課程)

保健と看護を統合したケアリングを追求

ヒューマンヘルスサイエンスとアートの探求

看護は人々の健康上の問題を解決するための支援活動です。その活動には人間尊重の思想や高度なサイエンスならびにアートともいえる本質が求められます。研究においても、看護実践方法を探求するのみでなく、その根底に〈その人らしく生きることの意味〉〈ケアの本質〉〈社会とのかかわり〉を問い続ける姿勢が必要となります。

保健・医療・福祉に貢献できる看護の提供と開発研究

修士課程においては、医療福祉の理念を根底においた看護ケア・提供システムに関する教育や研究を推進し、実践の改善や変革ができる高度専門職業人の育成を目指しています。カリキュラムは基礎理論研究、保健看護学研究、助産学研究の3領域と実習、研究から構成されています。「助産学研究」分野の科目を履修することにより、助産師国家試験受験資格を取得することができます。また、がん看護学に関連する科目を履習することにより、がん看護専門看護師認定審査の受験資格を取得することができます。コースワークによって養護教諭専修免許状を取得することもできます。

博士後期課程においては、医療福祉の理念を根底にしたケアの探求と開発を目標にした先駆的研究を目指します。カリキュラムは「発達期看護学研究」と「包括的地域看護学研究」に特化しており、これらの領域における課題に対して、看護学的視点で分析・統合ができ、看護ケア・提供システムの開発研究ができる人材を育成します。


保健看護学コース

基礎理論研究分野は、看護研究の基礎となる看護倫理、量的・質的研究、および倫理に関する知識を深め、研究的視点を培う領域であり、保健看護学分野は人が健やかで充実した人生を全うするために必要な成長発達課題達成への援助や、健康レベルに応じた看護を追求し、理論と実践を統合する領域です。

保健看護コースでは、基礎看護関連の研究および人のライフサイクルにそった健康支援とQOLの向上を目指した研究を行うとともに、時代に即したケアシステムを追求します。また、養護教諭一種免許取得後、本専攻において必要単位を取得することにより、養護教諭専修免許状を取得できます。


助産学コース

保健看護学専攻修士課程の中で助産師国家試験受験を目指すコースです。助産学の専門的知識と技術を習得し、なおかつ助産学領域の研究を行います。修士課程修了時には修士(保健看護学)の学位と助産師国家試験受験資格を取得できます。


がん看護学コース

がん看護専門看護師認定試験受験を目指すコース(がん看護専門看護師教育課程)です。キュアとケアを統合し、がん患者とその家族のQOL向上を目指した高度ながん看護実践力、適切な倫理的判断力、研究的視点を培います。そして、現象に対する理解を深め創意工夫し、がん看護実践における開発的役割がとれる看護専門職者を目指します。


アドビリーダー PDFファイルをご覧になるためには、AdobeReader®が必要です。 → ダウンロードはこちらから 別窓