img/okayamajyo_01.jpg

5thCG2010 御礼

お蔭様をもちまして、盛会にて終了いたしました。
多くの方々からご参加いただきありがとうございました。


次回は、熊本でお会いしましょう!

 次回、第6回クリアランスギャップ研究会のお知らせ
 日時  2011年8月27日(土)、28日(日)
 場所  熊本テルサ(〒862-0956 熊本市水前寺公園28-51)
 大会長  宮田 昭(熊本赤十字病院腎センター)


クリアランスギャップ研究会とは?

 2006年に発足して以来、クリアランスギャップ研究会は、透析効率の質的管理指標である「クリアランスギャップ」の普及を中心に、バスキュラーアクセスモニタリングを通じて、良質な透析医療の実現を目指して活動してきました。我々は良好な透析を施行することは患者の長期生存を可能とするばかりでなく、合併症の発症を予防することで、患者のQOLの維持・改善することを目指しています。

お知らせ(必見!!!)


■研究会当日に、参加者限定で、新しいCL-Gap管理ソフトを配布予定

  今回、第5回クリアランスギャップ研究会記念学術集会の記念事業として、新しいCL-Gap管理ソフトを開発し、
本研究会に参加された方限定で、無料配布する予定です。本ソフトはこれまで配布してきたEXCEL形式のものではなく、今回の研究会のためにプロのプログラマーの方に依頼し、新しく開発しております。これまで、多くのご要望があった、多人数の患者データの一括処理ができるようになっております。

 新しいCL-Gap管理ソフト「CG Cal」の開発画面(拡大)
 



■関連3団体の学会認定ポイント
今回の第5回研究会より、以下の3団体の学会認定ポイントの取得が可能となりました。

 ・(社)日本透析医学会専門医制度委員会  3単位
 ・日本腎不全看護学会透析療法指導看護師資格ポイント   4単位
・(社)日本臨床工学技士会血液浄化専門臨床工学技士  3単位

 5thCG2010のミリョクについて

最新情報&更新情報

2010.8.16 抄録(シンポジウム、一般演題)をアップしました。
2010.8.16 交通案内をアップしました。
2010.8.15 第5回クリアランスギャップ研究会記念学術集会のミリョクをアップしました。
2010.8.12 企業展示をアップしました。
2010.8.10 共催セミナーに関する情報をTOPページにアップしました。
2010.8.02 参加者の皆様(PDF)をアップしました。
2010.8.02 案内プログラム(PDF)をアップしました。
2010.7.27 プログラムをアップしました。
2010.7.14 開催時刻ならびに参加費をアップしました。
2010.7.14 演題登録を締切ました。多数の演題、ありがとうございました。
2010.6.10 演題登録締切日を延長しました。
2010.5.08 第12回アクセスセミナーin飛騨高山をリンクしました。
2010.5.08 第14回日本アクセス研究会学術集会をリンクしました。
2010.5.05 5thCG2010ブログを開設しました。
2010.5.05 日本血液浄化技術学会とリンクしました。
2010.4.29 演題登録を追加しました。
2010.4.28 大会長挨拶,お知らせを追加しました。
2010.4.12 ホームページを開設しました。

共催セミナー

基調講演「VAの歴史とこれからの展望」
ES「チームで取り組むVA管理」 
パンフレット(PDF)
   
特別講演「最適透析とバスキュラーアクセス管理」 
パンフレット(PDF)
 
 TS-2 「チームでVA管理を実践する」 
パンフレット(PDF)
 TS-3 「シャントPTAの実際」 
パンフレット(PDF)
   


第5回クリアランスギャップ研究会事務局

川崎医療福祉大学 医療技術学部 臨床工学科  
〒701-0193 岡山県倉敷市松島288 
TEL:080-4264-1576 FAX:086-464-0086
E-mail cg2010@me.kawasaki-m.ac.jp