トップページ » 新着情報 » 2008年02月

NEWS 2008年2月22日

トラベルワクチン専門サイト開設いたしました。

海外渡航者が渡航地で必要な予防接種を受け、安全に渡航できるシステムの構築を目的として、平成17年度より多角的な調査・研究活動を行ってまいりました。
その結果、JICAなどの一部機関を除いた日本人渡航者は、米国諸国に比べて“渡航者用ワクチン”に対する認知度が不足していることがわかりました。未承認ワクチン(腸チフスワクチンや髄膜炎菌ワクチン)なども、まだ認知度が低く、ほとんど接種されていないのが現状です。海外で数多くの邦人が、ワクチンで予防できる疾患に罹患している原因とも考えられる、これらの調査結果を踏まえ、このサイトでは、海外赴任者、その家族、海外留学を考えておられる学生の皆様に向け、渡航用ワクチンを安心して接種できる情報を提供していきたいと考えております。また、同時に医学・医療関係者、企業・組織団体の福利厚生に従事される皆様に向けても本研究成果を情報として発信していく予定です。