トップページ » 新着情報 » 2008年02月

NEWS 2008年2月22日

海外で動物に噛まれたら

海外では狂犬病が流行しており、犬などの動物に噛まれたら狂犬病予防のための処置が必要になります。
まずは、噛まれた部分を水や石鹸で洗浄してください。そして、できるだけ早く医療施設を受診し、狂犬病ワクチンの接種を受けるようにしましょう。流行地域でも都市部であれば、こうした処置をしてくれる医療施設がいくつかあります。もし、噛まれた後の処置が難しいようなら、出国前に予防接種を受けておくようにしてください。

海外旅行者のための感染症情報(FORTH)/厚生労働省検疫所