診療案内教室概要入局案内リンク一覧
TOP > 教室概要 − 診療内容のご案内

主な診療内容と当院の特色

心臓疾患

虚血性心疾患

狭心症や心筋梗塞へのバイパス手術です。人工心肺を使わずに心臓を動かしたままでバイパスをつなぐOPCABを中心に行っています。

後天性心臓弁膜症の外科治療

主に僧帽弁、大動脈弁に対する外科治療です。とくに僧帽弁では人工弁の使用を避けて、ご自分の弁を温存して手術を行う弁形成術に力を入れています。心エコー図に関しては世界的に有名な当院循環器内科と共同で心臓弁膜症治療センターを運営しており、毎週水曜日の午前においで頂いたら、その日のうちに治療方針を決定してお話しすることが出来る体制を整えています。

先天性心疾患の外科治療

左室形成術

バチスタ手術、SAVE手術など、左心室を切開して心臓自体を小さくすることによって心臓の機能を回復させる手術です。中四国の広範囲のご施設からご紹介を頂いています。

不整脈手術

メイズ手術を中心として心房細動への外科手術を行っています。

ペースメーカー手術

植え込み型除細動手術

両心室ペーシングによる心不全治療

上記の3分野については循環器内科との共同診療の形で専門医が対応致します。

補助人工心臓、補助循環

動脈疾患

大動脈瘤手術

弓部大動脈、胸部大動脈、胸腹部大動脈、腹部大動脈などの大動脈瘤の治療を行います。緊急性のある急性大動脈解離の症例は24時間いつでも受け付けています。

大動脈瘤のステントグラフト、小切開大動脈瘤手術などより進化した大動脈瘤手術の提供に長年努めて参りました。

急性動脈閉塞症

慢性動脈閉塞症

閉塞性動脈硬化症(ASO)やバージャー氏病(TAO)の治療を行います。1500例を超える治療実績を持っており、中四国随一の症例数と成績を誇っています。

また、末梢血幹細胞移植、遺伝子治療など先進的医療の提供も行っています。

レイノー病

血管の外傷、先天奇形の治療

静脈疾患

下肢静脈瘤

通常のストリッピング手術や、硬化療法に加えて、内視鏡的筋膜下交通枝切離術を先進医療として申請し、承認を得ています。

深部静脈血栓症

血栓性静脈炎

上大静脈症候群

バッドキアリー症候群

無輸血手術

あらゆる手術に自己血だけでの無輸血手術をめざします。自己血だけでの無輸血手術(同種血輸血回避手術)に関しては国内屈指の実績があります。